日本エコプロジェクトの貯水槽清掃は、きれいなお水をお約束!

親切・丁寧・安心・エコをモットーに、貯水槽を徹底清掃。日本エコプロジェクト。

会社概要

株式会社日本エコプロジェクト

〒143-0011
東京都大田区大森本町1-2-7

03-5753-0391
(受付時間8:00~18:00)
土日対応可。
状況により時間外も対応します。

03-5753-0392

日本エコプロジェクト

当サイトはリンクフリーです。
上のバナーをご使用ください。

ソーシャルブックマーク

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Bookmark this on Delicious
  • Googleブックマークに登録
  • はてなブックマークに登録
  • Clip to Evernote
  • submit to reddit

お好きなブックマークをご利用ください。

ソーシャルカウンター

お好きなサービスをご利用ください。

貯水槽・受水槽を定期清掃するメリット

メリット 1 建築物環境衛生管理基準を守る

ビルオーナー様は建築物環境衛生管理基準に従って、建物の維持管理をしなければなりません。
空気環境の調整、給水および排水の管理、清掃、ねずみ・昆虫等の防除その他環境衛生上良好な状態を維持するのに必要とされる措置が、建築物環境衛生基準で定められています。なかでも、飲料水は水道水と同じ水質を確保することが基本です。

メリット 2 給水・排水・飲料水の水質を確保

建物の貯水槽に貯留された水道水は、ビルオーナー様が水質管理の責任者となります。
ビルの給水設備や給湯設備の維持管理を適切に行い、水の汚染などを防ぐことで、水道水と同じ水質を確保できます。貯水槽清掃を1年以内ごとに1回行って水の汚染を防ぐことは、衛生上必要な措置と定められています。

メリット 3 水系感染症を未然に防ぐ

水道法や建築物衛生法では、安全な飲料水を確保する措置を定めています。
大部分の建物は水道水をいったん建物内の貯水槽に入水して給水しています。貯水槽の破損、有害物や昆虫の侵入、沈殿物質、壁面の汚れなどによる水の汚染を防ぐためには、点検・補修に加え定期的(1年以内ごとに1回)に貯水槽を清掃しなければなりません。

メリット 4 飲料水の化学物質汚染を防止

水道法の水質基準はトリハロメタン(塩素処理により水道水中に生成する消毒副生物)についても定めています。
肝臓、腎臓、中枢神経障害および発がん性の危険があるとされているトリハロメタンは、植物、藻類、下水処理などの有機物が作りだします。飲料水の化学物質汚染を防ぐためにも、定期的な清掃で貯水槽を清潔に維持しましょう。